読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すずめの小屋

音楽を一人で楽しむ自己満足なブログです。

夢眠ネムで遊んだ感想として「スゴい」の一言

f:id:suzumenokoya:20170218000504j:plain

こんばんは、すずめです。今日も元気してます。

 

ようやくVocaloid SHOPで夢眠ネムと兎音りおん(V4)が購入できるようになったのて、早速ダウンロード版を手に入れました。

 

www.vocaloid.com

 

VOCALOID SHOPで販売されている形態は

『夢眠ネム』

『兎音りおん』

『兎音りおんV4 アップグレード版』

『ネムりおんセット』

この4種類。

 

4つともダウンロード版なのでパッケージが欲しい!って方は間違って買わないように気を付けてください。ご自宅にパッケージは届きません。

 

ディアステージ公式通販サイトの『VOCALOID4 スターターパック 夢眠ネム』が終売後、VOCALOID SHOPでパッケージ版が販売されるようです。数量1,000個の限定品。

 

store.dearstage.com

 

 

 因みに『夢眠ネム』と『ねむりおんセット』には夢眠ねむさんご本人のボイスマテリアルが付属してきます。ファンの方には嬉しい特典。

基本セリフ、掛け声、笑い声、盛り上げ、など130種類以上あるそうです。多すぎてまだ全部聴けてない。

 

これらはWAVファイルなので作った楽曲に簡単に埋め込みすることも可能です。

 

 「よ~っ はい!」「ワッショイ!」などの合いの手系から「ワン」「ツー」「レッツゴー!」などのカウント系、どこで使うんだっていう謎のセリフ(?)系を是非楽しんでみてください。

 

 

それでは実際に夢眠ネム、兎音りおんで遊んでみましょう。

 簡単に手順を書きます。

 

インストゥルメントトラックにVocaloid4 Instを追加し

f:id:suzumenokoya:20170217211833p:plain

 

鉛筆ツールでトラックを作ってあげます。

f:id:suzumenokoya:20170217212704p:plain

 

分かりやすいように名前と色も変えておきます。

f:id:suzumenokoya:20170217213416j:plain

 

トラックをクリックした状態で(クリックすると画像のように黒くなります)

f:id:suzumenokoya:20170217213659j:plain

 

画面上の[MIDI]→[VOCALOID4エディターを開く]

f:id:suzumenokoya:20170217213858p:plain

 

 VOCALOID4エディターを開いてSINGERがyumemi_nemuになっていることを確認。

f:id:suzumenokoya:20170217215029p:plain

 

あとはVOCALOID4エディターの鉛筆ツールで打ち込みをすれば音が鳴るかと思います。

f:id:suzumenokoya:20170217220531p:plain

 

鉛筆ツールで打ち込んだ段階では発音が全てa[a]になっています。実際に聞いてみるとこんな感じ。

 あああああーとしか歌ってくれません。

 

発音を変えたい時は打ち込んだMIDIの棒をダブルクリックすると文字が入力できるようになるので一つの棒に一音ずつ当てていきます。

f:id:suzumenokoya:20170217222224p:plain

 

f:id:suzumenokoya:20170217224737p:plain

「お な か す い た ー」と入力。兎音りおん、夢眠ネムで聞き比べてみましょう。

 

 兎音りおん

 

夢眠ネム

 

夢眠ネムに比べ兎音りおんはロボット感が強く感じられ、まさにボーカロイドという印象。

兎音りおんが発売されたのが4年前なので技術の差なども色々ありますが、やっぱり夢眠ネム、人間してます。

 

昨日ネムをダウンロードして、試しに別のアーティストの楽曲を歌わせてみたんですが、それはもう感動しまくりでした。本当にただ打ち込むだけでも喋って、歌ってくれます。ただ推奨音程(G#2~F4)とは異なるキーで歌わせると、夢眠ねむさんの声とは認識しづらくなります。推奨テンポもあるので早口の曲歌わせまくりたい!って人は要注意。あくまで推奨ですが。

 

とにかくはっきりと発音してくれるのが嬉しいです。

ボーカロイドはほとんど所持していないので他にも歌わせやすい商品があるかもしれませんが、これは間違いなく重宝することになりそう。

もちろん兎音りおんの調教も頑張って、二人が生き生きと歌ってくれるようなオリジナル曲を作っていきたいと思います。

 

こんな感じで最後までべた褒めですが、作曲初心者にも「もっと作曲を頑張りたい」と思わせてくれる程の商品でした。